[趣味をお金に!]ギター転売は副業に向いてるのか調べてみた!



こんにちは!今日はギター好きの皆さんに向けて、楽しみつつお小遣いも手に入る副業、ギター転売の紹介したいと思います!ギターを転売するメリットや、大変な部分も正直に紹介していきますのでよかったらみていってください!

副業やるならココナラに頼ろう!の記事はこちら

ギター転売とは

ギター転売とは、その名の通りギターを仕入れて販売することです。ギターと言ってもエレキギターだけでなく、アコギベースも含まれます。

基本的には、メルカリやヤフオクといったフリマアプリリサイクルショップで相場よりも安く購入し、適正価格で販売します。

ある程度の専門知識が必要となる場合もありますが、ギターを趣味にしていらっしゃる方ならスムーズに取り組むことができると思います。

ギターの主な仕入れ先

リサイクルショップで仕入れて販売

ギターを安く仕入れるには、基本的には楽器店ではなく、リサイクルショップを巡ることになると思います。その理由としては、

ギターの状態によっては、大変安く仕入れることが可能だからです。

これは、僕の経験なのですが、ヤマハのコンパスシリーズと呼ばれる、当時の高級アコースティックギター(エレアコ)が、4000円で無造作に転がっていました(若干の傷とブリッジの浮きがありました。)ちなみに、ヤフオクでの相場は、14万円ほどです。

こんなかんじで、基本的には、状態込みで相場よりも大変安くなっているギターを仕入れて簡単な整備・調整を行った上で転売します。

主なリサイクルショップと言えばハードオフですよね。地域によっては、地方展開しているリサイクルショップも狙い目だと思いますので、是非調べてみてください。

また、リサイクルショップでは、定期的にセールが開催されますので、その日に絞って仕入れに出かけるというのも戦略としてありだと思います。

メルカリやヤフオクで仕入れて販売

これらのフリマアプリは、しばらく見張っていると、とんでもなく安いギターなどを見つけることができます。家から出ずに仕入れをできるので大変楽なのですが、一つ難点を挙げると、

ライバルが常に見張っているということですね。

これが非常に厄介で、最初のうちは、ギターの販売価格と相場を調べているうちに速攻で売れてしまったりします。しかし、対処法はもちろん存在します。

それが、フリマサイトの商品を監視するアプリを導入することです。

PC版ではフリマウォッチ、スマホ版ではフリマアラートという名前のツールが有名です。このツールに自分が狙っているギターを登録することで他のライバルよりも早く仕入れることが可能になります。(ライバルも同じことを考えているので、負けるときもあります)

海外から仕入れて販売

こちらは少しハードルが高めですが、海外の通販サイトで仕入れます。

主にebayから仕入れることになると思います。また、輸送料が高額になったり、関税がかかったりするなど、費用もかさみますので、しっかりと計算した上で行うことが重要です。

どんなギターが売れるのか

海外の有名メーカーのギター

有名なのは、FenderGIBSON、アコースティックギターであれば,Taylor、ベースならば、Musicmanあたりですね。もちろん他にもたくさんあります。

これらのギターで狙うのは、主に海外限定モデルです。

なかなか日本に流通していないため、高額で取引されることが多いです。

また、これらのメーカーは海外通販を利用することで、安定した仕入れで大きな利益も狙えるので積極的に稼ぎたいという方にお勧めです。

生産終了しても価格の下がらないギター

リサイクルショップを巡ってみるとわかるのですが、すでに生産終了しているギターが安く売られています。そのほとんどが、大した価値のないものですが、たまに定価と変わらない価格で取引されているギターを見つけることができます。

これらのギターは状態によっては大変お買い得のため、フリマアプリの方でも監視の対象にしておきましょう。

有名なメーカーほど価格の下がらない傾向にあるため見つけたら真っ先に確認してみましょう。

重大な故障はないが、ジャンクとして売られているギター

ギターの簡単な整備項目については後述しますが、こういったギターはリサイクルショップなどではかなり安い価格に設定されていることがよくあります。

お宝を探す感覚でじっくりと観察してみましょう。

仕入れの際のチェックや注意点

リサイクルショップ仕入れの場合

まずは、ジャンクのコーナーをみてみましょう。その中から気になるギターがあれば、メルカリやヤフオクでの相場を調べてみます(型番を入力すればヒットしやすいです)

そして、そのギターの状態の確認に入ります。主な流れとしては、「ネックの反りとトラスロッドが回せるかどうか」、「ギターの傷やへこみ、折れの修正跡の有無」を確認します。

また、エレキギターとエレキベースの場合は、「ツマミのガリや接触不良があるかどうか」アコースティックギターであれば、「ブリッジに隙間がないか」を確認します。

直せるかどうかについては、個人の力量や知識にもよるので、自分の直せる範囲を確認してから仕入れましょう。

次に調べるのは、その商品がフリマアプリで「いくらで取引されているか」と、「どのくらいの頻度で売れているか」です。さらに、着払いか元払いか、商品の状態はどうかまで確認します。

そこまでわかれば、あとは仕入れ対象のギターの状態と照らし合わせて適正価格を確認します。慣れないうちは時間がかかると思いますが、慣れれば1分とかからなくなります。

購入前の試奏も忘れずに行いましょう。

フリマアプリで仕入れる場合

基本はリサイクルショップでの仕入れと同じ手順ですが、一つ難点なのが、状態を確認できないことです。そのため、不安な部分がある場合は出品者に確認しましょう。

また、価格交渉に応じてもらえる場合もあるため、すぐに売れてしまうことがなければ積極的に交渉していきましょう。

ギターをフリマアプリに出品してみよう

商品を仕入れたら

まずは、ギターの整備に入りましょう。

先ほど確認した項目で整備の必要がある場合は実行します。弦がすべて張られていない場合は張っておいた方が売れやすくなります

次に出品をします。

まずは、明るいところでギターの写真を撮りましょう。写真掲載欄は上限まで使い切った方が絶対にいいです。傷なども正直に載せましょう。

商品タイトルには、メーカー、種類、型番まで記入すれば閲覧数を伸ばせます。

説明欄には、ギターの状態を詳しく記載し、わかる範囲でフレットの残り具合も載せておくと親切です。質問や値下げ交渉にはなるべく応じるようにした方が売れ残るリスクを抑えられます。

発送方法については後述しますが、ハードケースがあればヤマト宅急便か佐川急便、ソフトケースの場合や、ケースがなければ佐川急便で送るのが一般的です。

ケースがない場合、しっかりと梱包を行うことを明記しておきましょう。

また、ヤフオクであれば着払い、メルカリであれば送料込みに設定することが多いです。

ギターが売れたら

ギターの埃や汚れがないことを確認したら発送準備に入ります。

ハードケースであれば、ケースごとプチプチで巻いてしまえば発送可能になります。高額の場合や心配な方は保険に加入しておきましょう。(ソフトケースの場合は入っても適用されないので注意しましょう)

ソフトケースやケースなしの場合はここから少し忙しくなります。

まずは、家に梱包資材がない場合は近くのホームセンターに買いにいきましょう。必要となるのは、プチプチのロールと160サイズの段ボール2枚とガムテープです。これさえあればとりあえず発送は可能です。

準備ができたら、ギターをプチプチで巻きましょう。はじめにネックからヘッドを2周ほど巻きます。できたら全体を2から3周ほどまいてテープを貼ります。

次に専用の段ボールを作ります。まずはボディのサイズに合わせて下半分をカッターで切るなどして作ります。できたら、同じようにもう一枚の段ボールをギターの上半分がすっぽり入る大きさにカットして作ります。

最後に底にプチプチを敷いて、段ボールのつなぎ目をガムテープでグルグル巻きにしたら完成です。

説明が長くなってしまいましたが、材料が用意できれば、イメージしやすくなるので、習うより慣れろの精神でやってみてください。

発送の際の注意点

梱包が完了したら、サイズを確認してみてください。縦横高さ合わせて170サイズを超えていたらいくつかの運送会社では発送できなくなります

また、メルカリやヤフオクであれば大丈夫ですが、その他のフリマサイトによっては、170サイズ以上を送れない場合もあるので気をつけましょう。

*特にベースは170サイズを超える可能性が高いため、送料の計算を怠らないようにしましょう。

実のところ、ギターをハードケースに入れずに発送する場合、正直に運送会社に話すと断られることが多いです。(特にヤマトの場合は必ず聞かれます)

佐川急便であれば、ケースに入ってますと言えばすんなり受け付けてくれることがほとんどなので参考にしてみてください。(ギターの破損については自己責任になります)

これらのリスクを把握しておけば、送る際に頭を抱えることもなくなるので是非覚えておいてください。

最後に

いかがでしたでしょうか

この記事ではギターの仕入れから発送まで説明しましたので、資金さえばすぐに始められると思います。特にギターは一本売れるだけで数万円の利益が出たりするので、なかなか楽しいですよ!

皆さんも興味があれば是非始めてみてはいかがでしょうか?

それでは!

初心者でもわかる転売の手順とは?の記事はこちら